忍者ブログ

Daisuke Kono

home information youtube profile mail
blog song photograph link
・夏の日/オフコース
84年のシングル曲。この曲はイントロのキーボードが印象的で、バンドはボーカルの小田和正さんの声と美しいコーラスとのハーモニーが魅力です。オフコースは小学生の頃、売れてる曲よりも聴いてました。メンバーの鈴木康博さん脱退前後で、サウンドの傾向が大きく変わるのもオフコースの特徴です。この曲は後期。

・稲村ジェーン/サザンオールスターズ
90年のアルバム「稲村ジェーン」の収録曲で、歌詞が全てスペイン語の楽曲です。このアルバムには「希望の轍」や「真夏の果実」など、サザンの代表曲が含まれており、小学生の頃よく聴いていました。翌年、発売される桑田さんの妻である原由子さんのアルバム「MOTHER」にも、アニメ「YAWARA!」の主題歌になった「少女時代」や、「ひらけ!ポンキッキ」に使用された「かいじゅうのうた」など、同世代の人にはたまらない懐メロがあります。こちらもオススメです。

・ルナルナ/スピッツ
95年のシングル「涙がキラリ☆」のカップリング曲で、同年に発売されたアルバム「ハチミツ」にも収録されています。クリーンなギターサウンドや動きのあるベースが特徴です。スピッツファンもこの曲が好きな方、たくさんいると思います。アルバムの方にも良い曲がたくさん入っているのでオススメです。

・the Fourth Avenue Café/L’Arc~en~Ciel
96年のアルバム「True」の収録曲。アニメ「るろうに剣心」のエンディングにも起用され、ブラスには東京スカパラダイスオーケストラが参加しています。このアルバムは、ラルクの中でも一押しです。ちなみに、98年のシングル「winter fall」も個人的に懐メロです。

・終わりなき旅/Mr.Children
98年のシングル曲。頑張ろうと前向きになれる曲で、受験生の頃よく聴いてました。以前にも少し書いたかもしれませんが、自分にとっての懐メロなので再度紹介します。ストリングスも壮大で、ミスチルの中でもアレンジ・歌詞ともに完成度の高い大作ではないでしょうか。

・Hungry Spider/槇原敬之
99年のシングル曲で、切なく叶わぬ恋心を歌った曲です。槇原さんの曲は、ストーリー性のある歌詞が多いですが、この曲の詞はシングルの中でも秀逸だと思います。初めてこの曲を聴いた時、物語の悲しさと優しさに泣いてしまいました。知っている人もいると思いますが、よく知らなかった人は歌詞も読みながら聴くことをおススメします。

各々、世代によって懐メロは違うと思いますが、自分と同世代の懐メロ、その中でもみんなが知ってる曲やバンド、知ってるけどあまり深く聴いていなかった、そんな曲をいくつか選んでみました。コアなファンには物足りないかもしれないですけど・・・(^_^;)

ここで新しい発見があると良いですね。では!
PR
この記事にコメントする
お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード(8文字以内):   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバックURL
忍者ブログ [PR]