忍者ブログ

Daisuke Kono

home information youtube profile mail
blog song photograph link
「YS(イース)シリーズ」
Feena(PC88版YS、OP映像)
Palace(YS Eternal、サルモンの神殿跡)
Palace Of Destruction(YS Eternal、サルモンの神殿跡:地下)
Tower Of The Shadow Of Death(YS Eternal、ダームの塔)
Dreaming(YS Eternal、ダームの塔:鏡の階(PC88版YS未使用曲))
The Morning Grow(YS Eternal、エンディング曲)
To Make The End Of Battle(YSⅡEternal、OP映像)
Palace Of Salmon(YSⅡEternal、サルモンの神殿)
Subterranean Canal(YSⅡEternal、サルモンの神殿:地下水路)
Campanile Of Lane(YSⅡEternal、サルモンの神殿:鐘撞堂)
Over Drive(YSⅡEternal、ボス:ダレス(PC88版YS未使用曲))
Termination(YSⅡEternal、ボス:ダーム)
Genesis Beyond The Beginning(YS Origin、OP映像)
※上記は全てYoutube動画。
 
「ソーサリアン 基本シナリオ」
消えた王様の杖(ダンジョ:最初のシナリオの曲で、不動の人気曲。
消えた王様の杖(ヒドラ:ハードロックな雰囲気のあるボス曲。
消えた王様の杖(生還:シナリオ謎解き後の明るい曲。
失われたタリスマン(:ポップな曲で、自分の小学生時代のお気に入り曲。
失われたタリスマン(地下ダンジョン:ソーサリアン通な渋い曲。
失われたタリスマン(神官デヒテル~サンド・マリボー:マニアックなボス曲。
ルシフェルの水門(地下ダンジョン:ソーサリアンらしい印象に残る曲。
ルシフェルの水門(クラーケン:変拍子でインパクトの強い曲。
ルシフェルの水門(ブラッィーリバー:メロディアスな人気曲。ギターソロが泣けます。
呪われたオアシス(砂漠):シナリオ序盤のバラード曲で、砂漠を渡る時に流れる曲。
呪われたオアシス砂の:自分のお気に入り曲。終盤のベースとメロの絡みが好き。
呪われたオアシス(ルワンとゴールド・ドラゴン:ボス曲。中盤の超絶テクニックが見所。
盗賊たちの塔(塔:難易度5のシナリオで、プログレッシブな雰囲気のある曲。
盗賊たちの塔(底):自分のお気に入り曲。心地良い変拍子の美しい曲。
暗き沼の魔法使い(レッドゴン):どぜう氏によるギターリスト泣かせのアレンジが良。
ロマンシア(ヴァイデス~エンディング):ボス曲からクリア後のポップな曲へ繋がります。
暗黒の魔道士(ゲディス):ボス曲。ダンジョンⅡからの変化や終盤のフレーズが燃。
暗黒の魔道士(ブルー・ドラゴン):ドラゴンが吼えるようなどぜう氏のギターソロが良。
呪われたクイーンマリーン号(船内):難易度5のシナリオで、メロディアスな人気曲。
天の神々たち(コンバット・シーン):ソーサリアン通な曲。後半のどぜう氏アレンジが熱い。
氷の洞窟(洞窟:難易度の高いシナリオの曲で、マイナー調の人気曲。
氷の洞窟(洞窟:メロディアスな人気曲。スーパーアレンジバージョンにも収録。
囚われた魔法使い(地下要塞):ソーサリアンらしい曲。どぜう氏のギターソロが良。
囚われた魔法使い(ファイヤー・エレメント):マニアックなボス曲。
不老長寿の水(=デビルス):難易度5のシナリオで、自分のお気に入りのボス曲。
※上記は全てニコニコ転載動画。ギターアレンジ・打ち込み・演奏:どぜう氏
 
「Final Fantasy Ⅷ」
The Extreme(ボス:アルティミシア最終形態)
※上記はYoutube動画。
 
今回紹介するのは、以前の紹介曲とかぶるものもありますが、自分が好きなゲームインスト及びその演奏動画で、ほとんどが1980年代後期の日本ファルコムのPCゲームからの紹介です。自分の中ではこれ以上の曲が揃っているゲームを今だに知りません(^_^;)中でもできるだけ当時の原曲に近いものや、知らない人が聴きやすそうなものを探してみました。

「イース」では当時、FD(フロッピーディスク)の裏技で未使用曲が聴けましたが、98年に発売されたリメイク版「エターナル」ではその中から何曲か使用されています。YSⅠ,Ⅱにはまだ他にも良い曲があるのですが、あとはゲームなどで各自お聴き下さいm(__)m
また、Ⅲ以降は音楽等あまり自分好みじゃなかったので(Wikipediaによると事実、古代さんをはじめとする主要スタッフがイースⅡの完成後、ファルコムから離脱したとの事)ゲーム自体をよく知らないのですが、2006年発売の「イース・オリジン」はⅠ,Ⅱ以前の時代のイースを舞台にしたゲームのようですね。個人的に(特に物語(ストーリー)の方に)ちょっと興味あります。詳しくはイース(Wikipedia)を参照。
さらに言うと、当時のPCのFM音源が変にエフェクトもかかり過ぎてなくて自分は好きでした。「イース」のOPはそういう意味で敢えてPC88版の音源をリンクしてます。「イース」にはまだまだ良い曲がありますし、携帯ゲームもあるようなので、若い男の子なんかにはたまには良いかも知れませんね(^_^)

さらに、「ソーサリアン」でリンクさせてもらっているどぜう氏(ギタリストの方)の演奏は、どの曲もPC版オリジナルの原曲イメージを壊すことのない見事なアレンジになっていて、ソロ・打ち込み含め、かなり素晴らしい楽曲に仕上がってると思います。教則本に付いている見本のような演奏は、プロや講師レベルのテクニックだと思います。感動しました!「ソーサリアン」はホントに素晴らしい楽曲が多く、自分の中ではこれ以上の曲が揃うゲームをいまだに知りません。こちらもゲームに興味のある方は、ソーサリアン(Wikipedia)を参照してみて下さい。ただし、ゲームシステム的には「イース」より難しいです(^_^;)

ゲーム自体で言うと、今では他にもたくさんおもしろいゲームがありますし、好みがあると思いますが、若い人にはこういう素晴らしいゲームインストがある事もぜひ知ってほしいな。知ってる人には懐かしく、知らない人も純粋に音楽として楽しめると思うので、興味のある人はぜひ聴いてみて下さい(^_^)

この前、久しぶりに「キッチン de SHOW」を見ようかなとTVをつけたら、何とやってない!調べてみると、3月に番組終了してたみたいで、約1ヶ月ほど見ていなかったために、「どーもキニナル」が終わってた自体をついこの間まで知りませんでした(;_;)
まぁ、他のコーナーはあんまり知らないんですが、あの料理コーナーは出演してる料理の先生達がみな個性的でおもしろく、たまに見てたんですが…結構評判が良い料理コーナーのようだったのに、ショックです(T_T)
笠原先生のあのぼやきトークがもう見れないのかぁ。いつか「賛否両論」行って食べてみたいな。
PR
この記事にコメントする
お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード(8文字以内):   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバックURL
忍者ブログ [PR]