忍者ブログ

Daisuke Kono

home information youtube profile mail
blog song photograph link
自分の目標的なアーティストでもある森広隆さん。日本の若い人にはあまりなじみの少ない、ファンクというジャンルを基盤とした楽曲を作るシンガーソングライターです。今回は森さんの楽曲の中からいくつかピックアップして、自分なりの曲の解釈も踏まえて紹介していきたいと思います。自分の解釈なので100%正しいかどうかはわかりませんが…(^_^;)
まずは1stアルバム「並立概念」や初期に出されたシングルなど、メジャー時代の曲を振り返っていきたいと思ってます。良ければお付き合い下さい。
 
 
・ただ時が経っただけで(作詞・作曲・編曲:森広隆)
アルバム「並立概念」の1曲目にしてメジャー第一弾シングル曲。キレのあるギターカッティングから始まるこの曲は、「ゼロ地点」同様、森さんの代表曲でもあります。自分自身を客観的に見つめ、心の弱さや人生というものを哲学的観点から捉えた歌詞が魅力です。個人的には、「些細な後悔の暗礁に乗り上げる」という表現が面白いと思います。また、「罪にまみれた自分自身」という言葉がありますが、ここでの「罪」とは、誰にでもあるような自分自身が過去に犯してしまった小さな過ち、悔い、ちょっとした思考の中に生まれる悪意や悪びた記憶のようなものであると考えられます。心に「美」があるからこそ、それを「罪」とまで言い切らせるのでしょう。
Vocal,Guitar:森広隆、Drums:関口源八、Bass:紺野光広
 
・黒い実(作詞・作曲・編曲:森広隆)
アルバム「並立概念」の2曲目で、3rdシングル「Pebama」のカップリング曲。世界の人々あるいは日本の人々の社会や思考の中に巣食う悪意が増えていく現代の様子を、それを栄養として実が育つ植物に例えて表現しています。正確にはこの曲が発売されたのは2002年なので、その頃の時代に危機感を感じて書いた曲でしょうか。「悪魔の提言」や「新しい兵器」などの楽曲にも通じる部分があると思います。ちなみに自分はこの曲のメロ、ジャズファンク的な要素も感じられるアレンジ、詞の世界観など、数ある森さんの曲の中でも大好きな一曲です。
Vocal,Guitar:森広隆、Drums:波多江健、Bass:紺野光広、Rhodes Piano:河内肇
 
・Pebama(作詞・作曲:森広隆、編曲:重実徹)
アルバム「並立概念」の3曲目で3rdシングルになっているバラード曲。沖縄の波照間島にある「ぺー浜」という場所をモチーフに描かれた詞だそうで、愛する恋人と二人で自然の中でゆったりと過ごす時間を表現しています。自分はその場所には言ったことはありませんが、森さんが見た沖縄の美しい海や砂浜、樹木の光景が目の前に浮かんでくるようです。ちなみにYoutubeでも「Pebama」の動画をアップしている方がいらっしゃいますが、あれはPVではありません。この曲のPVは森さんが薄暗い部屋の中でギターを膝の上に置き、ゆったりと歌う感じに作られていて、初めて見たときは曲と映像の美しさに見とれてしまいました。以前はニコニコ動画で見れたんですが、現在は削除されています。
Vocal,Guitar:森広隆、Drums:村石雅行、Wood Bass:高水健司、Guitar:小倉博和、Acoustic Piano, Rhodes Piano&moog:重実徹、Percussion:三沢またろう、Strings:弦一徹グループ
 
・ショートケーキ(作詞・作曲・編曲:森広隆)
アルバム「並立概念」の4曲目。ファンキーですが、ベースとギターのユニゾン(同じフレーズを弾くこと)部分には、ロックな雰囲気も感じられる楽曲です。森さん自身もショートケーキが好きなんでしょうか?それはわかりませんが、この曲を聴くとホールから1/8にカットされたシンプルな苺のショートケーキが目の前に浮かび、思わずケーキを買いに行きたい気分になります。歌詞も他の曲と違い、「ショートケーキ、食べたい」などのシンプルな詞が特徴的です。それをよくここまでカッコ良いアレンジに昇華させて歌えるものだなと感心します。まさに「アーティスト」ですね。
Vocal,Guitar:森広隆、Drums:波多江健、Bass:紺野光広、Organ:河内肇
 
 
一気にブログを書くと時間を取るので、自分も普段、曲作りの合間などにこまめに下書きなどを書いてアップしています。紹介中のアルバム「並立概念」は名盤なのですが、今では手に入りにくいこともあって、上の楽曲を聴いた事がない方も数多くいらっしゃると思います。そんな方には退屈かもしれませんが、今はインディーズながら最近ポップな曲も作っているという話もファンの間でありますし、プロの道に戻った時に興味を持つ人が少しでも多ければいいなと思ってます。素晴らしいアーティストですので、ぜひちょっとでも内容を読んでもらえるとうれしいです(^_^)

前に書いたおせちの黒豆の作り方なんですが、同じような作り方を朝の料理番組でやってる方がいらっしゃいました。その時出てた灰汁(アク)の凄いこと。黒豆ってあんなに灰汁が出るのか…。初めて見た(~o~)

あと、NHKの「キッチンが走る!」って番組に先日、自分が好きな笠原シェフが出てました。これにたまに出てるんですね。相変わらずのちょっと寒いギャグも健在で、自分は結構好きなんです(^_^)番組自体も地元の食材を使って料理を作りに行き、地元の人と「食」を通じて交流する温かい感じで良かった。「鶴瓶に乾杯」…じゃなかった鶴瓶さんの「家族に乾杯」が料理番組になるとあんな感じかなぁ^_^ちなみに番組名を間違いやすいのも、この番組の愛嬌の一つ(^_^;)
PR
この記事にコメントする
お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード(8文字以内):   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバックURL
忍者ブログ [PR]