忍者ブログ

Daisuke Kono

home information youtube profile mail
blog song photograph link
・Fuzz Master
インディーズ盤ミニアルバム収録曲で、「Fuzz Master」あるいは「Fuzz(ファズ)」とは、ギターの音を歪ませるためのエフェクターの事です。自分はこの曲はライブ版しか聴いたことがないんですが、個人的にはかなり作り手本人向きへの曲だなと思いました。まさにインディーズって感じ(自分が言うのも何ですが…)。また、「演じられた自分への褒め言葉集めるより、そのままの自分への優しさを素直に喜びたい」という歌詞の部分などには、自分を偽れない不器用な一人のアーティストとしての側面も垣間見られます。ちなみに自分は原盤を持っていないので、音源の演奏者名などは不明です。
 
・密室(作詞・作曲・編曲:森広隆)
2ndシングル「ゼロ地点」のカップリング曲。通なファンの間で密かに人気のある曲で、メロの雰囲気なんかは「黒い実」に近いかなと思います。曲調はしっとりとしたジャズファンク風なバラードですが、歌詞の解釈がやや難解です。逆に、言葉の意味はあんまり突っ込んで理解しようとし過ぎないで、単純に曲の良さを楽しんだ方が良いかもしれません。また、ドラムの細かなタム回しなどには森さんのアレンジっぽさが感じられます。自分もいろいろ見習う部分がある曲ですね。
Vocal,Guitar:森広隆、Drums:波多江健、Bass:紺野光広、Keyboards:河内肇
 
・CYCLONE(作詞・作曲:森広隆、編曲:森広隆、西脇辰弥)
ミニアルバム「CYCLONE」のメイン曲です。若干、ラスサビの繰り返し部分などにビジネス感が見られる曲でしょうか?この曲については楽曲紹介のファンクポップ編にも載せてありますので、詳細はそちらをご覧下さい。
Vocal,Guitar:森広隆、Drums:村石雅行、Bass:種子田健、Keyboards,Percussions:西脇辰弥
 
・悪魔の提言(作詞・作曲・編曲:森広隆)
ミニアルバム「CYCLONE」の2曲目。個人の解釈としては、これは当時、才能あるアーティストを表舞台に呼び出そうとした曲に思えます。しかし、歌詞の一部にある「全ては思いのままに」なるものは言ってしまえばひっかけで、これらの欲に目が眩む人間は本当のアーティスト、少なくとも芸術を志す人足りえないと思います。ちなみに聴く人が聴けばわかると思いますが、ボーカルのピッチの伸びが一部、若干下がってる部分があります(これは修正のミス?)。あと、ギターが一回し目と二回し目で違う部分も…(これはアドリブ?)。また、アルバムの「ただ時が経っただけで」のアウトロのギター部分でも少し違和感があるような…ジャズやファンクの要素も入る難しい楽曲なので、この辺は何とも言えません。でも、森さんの想いと共に、自分が好きな一曲です。
Vocal,Guitar:森広隆、Drums:山木秀夫、Bass:伊藤広規、Guitar:松原正樹
 
・LOVER(作詞・作曲・編曲:森広隆)
ミニアルバム「CYCLONE」の3曲目。これは愛する人かそれに近い人、もしくは「悪魔の提言」のような目に見えない繋がりのある人の事を歌っているのでしょうか。不思議なのが、歌詞で出てくる名前を「呼んだ」と「読んだ」の違い。これはミスプリなのか、それともこういう意味合いなのか、謎です。曲調はハイトーンボイスが生きるバラードで、言うなればスローファンクって感じ。
Vocal,Guitar:森広隆、Drums:関口源八、Bass:紺野光広、Guitar:大里和生
 
・新しい兵器(作詞・作曲・編曲:森広隆)
ミニアルバム「CYCLONE」の4曲目。戦争を否定するメッセージ性の強い曲で、韻踏みの回数はおそらく森さんの楽曲の中でMAXだと思います。歌詞を書いたりしたことがある人はわかると思いますが、韻って一歩間違えると曲がダサくなるんです。かと言って、ありきたりの言葉では個性がないし、言葉の選び方にもセンスが必要になります。森さんといえど、さすがにこれだけの歌詞を書くのは他の曲に比べて苦労したのではないでしょうか。これも自分には共感できる部分がかなりあって、かなり好きな一曲です。
Vocal,Guitar:森広隆、Drums:波多江健、Bass:紺野光広、Guitar:馬場一嘉、 Keyboards:河内肇
 
・夜行性(作詞・作曲:森広隆、編曲:西脇辰弥)
ミニアルバム「CYCLONE」の6曲目。この曲のアレンジは森さんではないですが、アルバムの中でまた少し違う色があるため、自分は好きです。歌詞の内容は、朝夜逆転型タイプを治せない自分に対する嘆き。本人は悩んでますが、どこか諦めの気持ちもあって、そんな中でもちょっと楽しい時もあったりして、そんな相反する複雑な気持ちが入り混じった楽曲です。ただ、最近はナスカちゃんの世話があるため、夜行性は直りつつあるようです。
Vocal,Guitar:森広隆、Drums:村石雅行、Bass:種子田健、Keyboards, Harmonica:西脇辰弥
 
・Rainbow Seeker(作詞:森広隆、jam、作曲:森広隆、編曲:河野伸、森広隆)
今のところ、メジャーでの最後のシングルになります。曲調はCYCLONE以上にポップです。この曲もやはりレコード会社側の要望が裏にあるんでしょうか。ちなみにワーナー時代のHPの中でも、スガシカオさんやRIP SLYME、ウルフルズのウルフルケイスケさんなどが森さんの楽曲を絶賛しています。噂では、スガシカオさんは昔ラジオで森さんをメジャーに引き抜こうとしたとかしないとか?真相はどうなんでしょうか。
Vocal,Guitar:森広隆、Drums:高田真、Bass:岡雄三、Rhodes Piano:河野伸、Alto Sax:山本拓夫、Trumpet:菅坡雅彦、Trombone:村田陽一、Percussions:三沢またろう、Chorus:nara

 
メジャーでのシングル曲はPart4で終わりです。他のカップリング曲に関しても好きな方はいらっしゃると思いますが、独断で選びました。すみませんm(__)m
PR
この記事にコメントする
お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード(8文字以内):   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバックURL
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
最新トラックバック
トラックバック…リンク先の相手にリンクを張ったことを通知する、相互リンク機能。
ブログ内検索
携帯用バーコード
忍者ブログ [PR]