忍者ブログ

Daisuke Kono

home information youtube profile mail
blog song photograph link
・いつかどこかで/小田和正
「恋に落ちてゆく二人、愛を重ねる二人♪」というサビから始まる曲。小学校時代にはひたすら聴いていたオフコースと小田さん。オフコースも含めると楽曲は紹介しきれない程ですが、ソロアルバムとしては、「Far East Café」や「sometime somewhere」、「my home town」などがおススメです。単体曲としては、「Oh! Yeah!」とか「思い出に変わるまで」、「だからブルーにならないで」なんかも好きだったな(^^♪大学にもライブで来た事があって、見に行った事があります。年をとってもあの変わらない美声…ホント頭が下がりますm(__)m
 
And I Love Car/奥田民夫
「車はあくまでも、快適に暮らす道具♪車に乗らないと…いけないわけではないぜYeah♪」
この歌詞を見ると説明はいらないでしょう。車が好きだっ!って事が言いたい曲です(笑)。もうとにかく真っ直ぐでロックで、聴いてると楽しい気分になります。詞もメロディも簡単に聴こえて何となく誰でも作れそう…でも、こういうのほど作れないんですって(^_^;)最近、ソニー損保のCMで使われてて、自分もそれまで知りませんでした。勉強不足ですm(__)m
 
・傘がない/井上陽水
陽水氏の代表曲の一つ。前にTVでバンドで演奏してるのを聴きましたが、カッコ良すぎて痺れました(>_<)陽水さんの他の曲も聴こう聴こうと思ってるんですが、なかなか機会がなくて有名なもの以外、まだまだ知らない曲が多いのが現状ですm(__)mでも、この曲好きだぁ!ちなみに、昔、とんねるずの番組のコントに陽水さんが出てて、この曲を歌い始めた出だしにハリセンで突っ込まれてたのを覚えてます(笑)。他にも、「Make-Up Shadow」なんかは自分と同世代の人にとって懐かしいんじゃないでしょうか。作曲者は違うものの、転調やコードの展開が渋く、シュールな曲です(^^♪
 
SPARKLE/山下達郎
こんなに夏を感じる曲あります?ってぐらい爽やかな曲。達郎氏初期のファンク色の強い頃の曲で、文句なしの名曲です。他にも「Funky Flushin’」や愛を描いて-Let's Kiss The Sun-」が同時期の曲では好きですね♪また、かつて車のCMで流れてた「七色の黄昏~降りてきて風は♪」という詞の軽快な曲は、かつて達郎さんが在籍していたSUGAR BABE(シュガーベイブ)というバンドの「DOWN TOWN」という曲を、福寿というユニットがカヴァーしたもので、シングル化はされていないようです。他にも様々なアーティストが同曲をカヴァーしています。
 
・ゼロ地点/森広隆
言わずと知れた(?)森さんの代表曲で、イントロはChar氏の「smoky」からヒントを得ているとのこと。ただ、確かにChar氏のギターテクニックも圧巻ですが、ソングライター的には、自分はこの「ゼロ地点」の方がメロディアスで好きです。森さんと自分とは好きな音楽や作ってる音楽も共通点がたくさんあって、ファンク・ジャズ・ソウル色の強い森さんの楽曲に対して、自分の音楽は基本的にポップス・ロックで、そこにファンクやジャズなどの要素が入ってくるような曲調が多いです。自分は森さんのような曲を作ったり演奏したりはできませんが、その分、一般の人に受け入れやすいのは自分の曲の方なのかなと思ったりもします。音楽を始めたのは自分と同じように遅かったのに、これ程レベルの高い詞、曲、アレンジ、歌、演奏までこなす人…「天才」という言葉は、こういう人にこそふさわしいでしょうね。
 

余談です。達郎さんのアルバム「COZY」に入ってる「Dreaming Girl」という曲。作詞が有名な松本隆さんなんですが、自分は詞の雰囲気から自分の愛娘の事を書いてると思ってて、「雨上がりの小さな女の子、生まれてきてくれた奇跡、父母に囲まれてすやすや眠る天使のような寝顔」そんな感じの解釈をしてました。おそらくPVなどから判断すると、作り手のイメージでは「恋人」のことなんでしょう。ただ、少し角度を変えれば、父親が娘を思う歌としても聴けちゃうんじゃないかな…素敵な曲です。ちなみに同アルバムのドーナツ・ソングを聴くとドーナツが食べたくなります^m^ポップスが好きな方にはおススメのアルバムですよ。
 
次回は、女性ソロアーティストの楽曲の紹介を予定してます(^^)v 
PR
この記事にコメントする
お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード(8文字以内):   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバックURL
忍者ブログ [PR]