忍者ブログ

Daisuke Kono

home information youtube profile mail
blog song photograph link
遅ればせながら、森広隆さんの2009年に発表した2ndアルバム「planetblue」をようやく購入したので紹介していこうと思います。
相変わらずの天才過ぎて、音楽ではこの人に絶対かなわないなといつも思わされます。自分の好きな音楽を作ってこれだけ共感色の「深い」ものが作れるというのが驚きです。「並立概念」も良いけれど、「planetblue」も全然聴き劣りしないアルバムです。
 
アルバムはネットでも試聴できますが、良い音楽は平べったいMP3サウンドではもったいないので、自分は本当に良いと思ったものはCDを購入しないと気がすまない性質(たち)です(^_^;)それでは、曲順通りに紹介。
 
Desperado
アルバムのスタートを飾るノリの良いインスト曲。何と言っても河内肇さんがリードするジャジーなキーボードフレーズが魅力でしょう。ただし、全体としては、どちらかと言うとロックを主体としながらジャズ・ファンクの要素も持った楽曲です。
 
Funk Redemption
最初から最後まで韻を踏みっぱなしにもかかわらず、言葉の選択が美しく、なおかつカッコいい♪まさにジャパニーズファンクという感じで、メロの自由度も高いため、まだまだいろいろな歌い方が考えられそうです。
ちなみに、曲中の「応答どうぞ!」などの声は、ライブ会場で録音した観客の声を編集したもので、ちょうど録音時にそのライブを見に行っていたので、自分も歌に参加しています。う~ん、自分の声が聞こえる(笑)。
 
MYGirl
森広隆編Part5参照。
 

ファンキーな楽曲を作りながら、こういうしっとり聴かせるバラードをサラッと歌いこなせる所が森さんの魅力の一つでしょう。「Pebama」のような雰囲気を思わせるこの「碧(あお)」という曲こそが、自分は今回のアルバムのテーマに大きく繋がっているのではないかと思います。つまりは、「碧」=「planetblue」なのだろうと。大衆的ではないと思いますが、心に響く楽曲です。
 
風の卵と眠る太陽
「CYCLON」に近い季節感のある爽やかな楽曲。個人的な感覚ですが、シングルのカップリングに合いそう♪内容は、地図もない大昔に風の出発点(卵)や沈んでいく(眠る)太陽を探して南を旅した男の話かな。彼はその旅の果てに何を見つけたのでしょうか。作者のみぞ知る(笑)。
 
Freaky Boogie
今回のアルバムで最もファンク色が強いかなと思います。治安の悪いカジノ街にいるマフィア達をイメージさせる、映画のワンシーンのような詞の世界観がおもしろいですが、過激な場面も度の過ぎる表現にしていない所がポップス的。この辺りは自分の持っている音楽や詞に対する価値観とよく似ています。
また、ギターのリフが良いですが、自分的にはBメロに入る前のブレイクなんかが好きです。1stアルバム「並立概念」の中では「退屈病」のような位置付けにある曲と言えるでしょうか。「Funk Redemption」と並んで、自分のこのアルバムにおけるお気に入り曲です。
PR
この記事にコメントする
お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード(8文字以内):   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバックURL
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
最新トラックバック
トラックバック…リンク先の相手にリンクを張ったことを通知する、相互リンク機能。
ブログ内検索
携帯用バーコード
忍者ブログ [PR]