忍者ブログ

Daisuke Kono

home information youtube profile
blog song photograph link

、一般家庭の普通車(オートマ)といえば、ギアとサイドブレーキが横にあってペダルはアクセルとブレーキの2つという形。どの会社も大体同じような仕様で、メーカーや車種が変わっても操作はあまり変わらないイメージでした。

ところが最近は、ハイブリッドや電気、自動ブレーキに自動運転など、様々な種類や機能があり、操作そのものも複雑化してきているように思えます。
あまり多くの車に乗った経験はないですが、試乗だけでも、サイドブレーキがフットペダルになっているもの、ギアが前についているもの、エンジンやパーキングがボタン式になっているものなど、様々な違いがあるのがわかります。

若い人は慣れるのが早いので多少の違いにはついていけるでしょうが、年配の方はどうでしょう。
20年以上乗ってきた車と仕様(特にアクセル・ブレーキやギアチェンジ操作など)が変われば、覚えることはできても実際に慣れるまでは時間がかかるのではないでしょうか。急な場面では特にそう言えると思います。
スマホなどと違って命に直結する自動車、あまり変えない方が良い部分もあるのではないでしょうか。

個人的に、オートマで足に3つペダルがあるのは、お年寄りにとってはやや複雑かなとずっと思っていて、ギアの位置はともかくサイドブレーキは横に残した方がお年寄りには慣れた形で良いのではないかと考えています。 車内空間の確保より安全優先なので。

さらに法律面では、一定年齢以上は自動ブレーキ搭載車の義務化、さらにその上の年齢では自動運転推奨などを制度化していく必要もあるかと思います。
自分もお年寄りの運転にヒヤっとさせられた事は何度かありますが、高齢者は運転歴が長いためか、自分が悪いとあまり思っていないような印象を受けるケースもありました。

車については、さらにまだ改善をお願いしたい部分があります。最近の自動車(特に自動ブレーキ搭載車等)では前方の障害物への接近や車線(レーン)からの逸脱、シートベルト未装着など様々な場合に警報音が鳴るのですが、たまに音が鳴っても、今なぜ音が鳴ったのか、原因がわからないことがあります。
作っている側は音の長さや種類でそれぞれわかるかもしれませんが、何十もあると覚えるのは大変だし、たまにしか鳴らない音で緊急の操作が必要な場合、鳴っても急に対処できません。

個人的には聞き取りやすく短い音声が一番良いと思います。例えば「ゼンポウチュウイ」とか「レーンイツダツ」などをごく短い英語の音声にするとか。何かがわかれば良いので単語の羅列も可。「言葉」であれば覚えなくても理解できるので、音よりは助かると思います。

また、大津の事故について。
過失割合については当然、右折車が大きいと思いますが、自分が気になったのは「前の車の後についていって右折したら直進車とぶつかった」という右折側の証言についてです。
この証言と事故の映像から、右折した車は2台あって2つの車間距離はそれ程空いていなかったという事と、先に右折した車と事故を起こした直進車とはおそらく接触していないことがわかります。
ということは、直進車とぶつからなかった1台目の右折車も、事故が起きる直前に結構接近していたのではないかと推測できます。

自分が仮に直進車を運転していたとすると、いかに直進が優先であっても、それだけ接近したなら接触事故を避けるためにスピードをかなり減速させると思いますが、今回の事故の直進車はスピードをどれ程減速させたのでしょうか。
接触を避けるためにスピードを抑えていれば、これ程大きな事故にならなかった可能性があるのではないでしょうか。

今回の事故に関して全ての詳細な情報を知っているわけではないので、内容が事実とあっているかはっきりわかりませんが少し気になりました。

PR
・5/1(水)10時30分~、15時~、22時~ ※時間とお金の無駄。
・2(木)19時~ ※火曜と同じ時間。
・7(火)11時30分~、15時~、17時~
・8(水)17時~、20時30分~ ※周囲や健康に被害及ぶ。
・9(木)19時~
・10(金)23時~
・11(土)22時~
・13(月)17時~
・14(火)11時30分~、15時~、18時15分~、19時~
・15(水)17時~、19時~
・18(土)13時30分~
以下の記事は嫌がらせ・圧迫がなくなれば非公開に変更予定。
・4/17(水)
身近な者に接する言葉や態度が露骨に変化する者がいるが、成長するのは日々努力する者であって周囲ではない。いい歳をして、相手の立場によって何度も態度を変えてしまう己の未熟さに対し恥を知りなさい。相手をキレさせて傷ついたり死んだりしても誰も得にならない。どういう言動が相手を怒らせるか考えて話した方がいい。
あと、そういう人間が気付くことに自分が気付かないわけがない。わかってても全体を合わせるためにやらなくてはいけない場合がある。機器・知識・感性・経験・技術・嗜好・仕事・お金・健康など、自分を取り巻く環境を知らない者は余計なことに口を挟まないでもらいたい。

・4/18(木)
これ以上嫌がらせが続くようなら営業妨害と名誉毀損で訴える。あと、ルートに強いこだわりがあるようだが、自分はルートから作らないし、アンサンブルの中の1音でしかない。それは楽曲全体のイメージが先にあり、それを知識でなく感性のみで完成させることが目標だから。雇ってもいない他人に自分のやり方を強制するべきではない。そういう人間には知識で正しいか判断できても作品の良し悪しは理解できない。
また、自分が正しいことをしている自覚があるのなら、誰に何を言われても自分の道を進むはず。それを突き通せないこと自体が、やっている本人が「正しいと思っていない」ことを意識している証拠。そんなブレた行為、相手に行う資格はないし存在させる価値もない。こういうことを書くと一時的に圧迫が軽くなったりしばらくして強くなったりするが、そんなくり返しは無意味。どちらが正しいかは火を見るより明らか。「正しくない」自覚のある者による一度でもブレた行為には意義も大義も正義もない。

・4/18(木)~4/19(金)
周囲の治安悪化を防ぐためでもあるが、最近多い騒音対策としてはナンバーや顔、音など物的証拠を自動的に記録できる機器を通りに設置している。記録は不審な動きや音に反応し時間もわかるので騒音の時間や場所をいくらずらしても無駄。普通に通る分には問題ないので、要は「悪意」を持ってうるさくしているかどうかが問題。
メディアに出ている人間ならその分の対価もあるのでこれぐらいのことは目を瞑るでしょうが、自分は一般人だし生活もありストレスによる健康被害も多く出ているので、この「悪意」が継続するようなら法廷で戦う覚悟がある。一番の問題は「悪意」を持たせている方だが。ちなみに十年以上に渡るので記録も数多く残っている。

・4/20(土)~
やはりルートを変えた方がよくわかる。ただ変えると圧迫が強烈になり、前に進むことができなくなる。これが数年間続いているので、圧迫が無ければ病院等も行かなくて済み、5年以上は早く進んですでに完成しているだろう。
あと、過去に何度か書いているが、PC環境による聴きづらい音があるため、アップして違う環境で確認する必要がある。完成したと思ってアップしているわけではないので、それで圧迫が起きるのもおかしい。
忍者ブログ [PR]