忍者ブログ

Daisuke Kono

home information youtube profile mail
blog song photograph link
昔、ある(やま)沿()いの村の小さな家に、おじいさんとおばあさんが住んでいました。おじいさんとおばあさんはのんびりと幸せに暮らしていましたが、二人にはこれまで子供が一人も(さず)からなかったため、年()いてからはそのことをとてもさびしく思っていました
 
そんなある日、おじいさんが畑から帰ろうとすると、山のふもとに一つだけある()(ぞう)(となり)から子供の泣く大きな声が聞こえてきました。見るとそこには細い(えだ)()んだ大きさが2(しゃく)ほど(かご)の中に一人の赤ん坊が入っていましたおじいさんは近くに母親はいないかと辺りを()(まわ)しましたが、置き手紙などもなく、それらしき人影(ひとかげ)()()たりませんでした。
 
また、その赤ん坊は元気な可愛らしい男の子で、それはそれは美しい()()べべでくるまれており、おじいさんを見るやいなやさっきまで泣いていたことがうそのようにおとなしくなり、()き上げるとキャッキャッと笑って(よろこ)びました。おじいさんは少し考えましたが
 
「このままここに(ほう)っていては、この(ぼう)が死んでしまう。」
 
そう思い、赤ん坊を家まで連れて帰ることにしました。
 
おばあさんは赤ん坊を見てたいそう(おどろ)きましたが、おじいさんの話を聞くと
 
「そういうことなら坊やを置いていった人が(あらわ)れるまでたち(あず)かることにしましょう。」
 
と言って、二人でその子供を大事に育てる事にしました。男の子の名前は「しん太」と名付けられ、時々、母親が探しに戻っては来ないかと、しん太を連れて(かれ)を拾った所まで行ったりもしましたが、子供の両親が会いに来ることはないまま、(いく)ばくかの月日が流れてしまいました。
 


(用語の解説)
(しゃく):昔の長さの単位で、1尺は約30cm。
※おべべ:小さな子供服、べべのこと。
(いく)ばく:どのくらいかははっきりしないが、そう長くはない時間のこと。
PR
この記事にコメントする
お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード(8文字以内):   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバックURL
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
最新トラックバック
トラックバック…リンク先の相手にリンクを張ったことを通知する、相互リンク機能。
ブログ内検索
携帯用バーコード
忍者ブログ [PR]