忍者ブログ

Daisuke Kono

home explanation youtube favorite profile mail
blog information song photograph link
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

喉の継続的な圧迫感(ひどい場合は吐き気)に加え、左耳の突発的な難聴も起きて、音楽制作が難しくなりました。
耳はおそらくヘッドホンを何年間もほとんど毎日使用してきたことによるもので、現在耳鳴りがして中低音や話し声があまり聴き取れない状態です(右はまだ大丈夫)。
これから行っていく治療で元の状態になるかどうかは、今はまだわかりません。
確かに言えることは、持続的なストレスが余計な病気を引き起こしたり、病気の治りを遅くする、もしくは短期的治療が必要な場合、それが病気を一生治せなくする可能性があるということです。

ちなみに、一番ストレスになるのは喉の圧迫感で、これさえなければ日常生活がつらくなくなるのですが、ポリープ検査などをしても何もないようで治療の仕様がありません。
最近はまた圧迫も強くなってきています。この「圧」は人の健康や生活など全く考えてくれないようで、憲法にあるような「最低限度の健康的な生活」が脅かされているような気がします。

完璧なイメージ通りの音楽を目指して作ってきたのがあと一歩になってしまっていることがとにかく残念でなりません。
ロックやポップスなどで使うシンプルなコードから、ジャズ・ファンク・ボサノバなどで使う複雑なコードなどまで取り入れた音楽はとにかく繊細で、少しの余分な音が他の部分の流れを崩してしまうため、今の状態では音を聴いて作っていく方法は厳しいでしょう。

ただ、単調なメロディの曲であれば楽器だけでも作れるので、そちらは聴覚がある程度戻ればできそうですが、それでも
ヘッドホンはなるべく使いたくないので歌録りは今の環境では難しそう。
その場合、曲だけ作ってアップするか、もしくは他の人に歌ってもらうか。

まぁとにかく、ヘッドホンを使う制作方法は改めて治療に専念します。
PR
この記事にコメントする
お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード(8文字以内):   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
最新トラックバック
トラックバック…リンク先の相手にリンクを張ったことを通知する、相互リンク機能。
ブログ内検索
携帯用バーコード
忍者ブログ [PR]